画廊ギャラリーシーズ
HOME 絵のある部屋 アーティスト スケジュール プロモーション インフォメーション 画廊案内 お問い合わせ

 ・・・ [アーティストTOPへ]

藤田 嗣治(ふじた・つぐはる)

1886年 東京に生まれる。 26歳の時、留学生としてパリに渡り、モディリアーニ、スーチンらと交友する。ナイーブな心の世界を表現するにふさわしい新しい油彩画技法による彼の作品は、1920年代パリで受け入れられ、サロン・ドトンヌ、サロン・デ・ザンデパンダンなどのサロンで名声を得る。1921年サロン・ドトンヌの審査委員に挙げられる。1925年レジオン・ド・ヌール五等勲章を贈られる。1931年 アメリカ。メキシコ等を旅行し帰国する。
藤田は日本各地で大画面を描き始め、1937年に秋田で制作した長さ20メートルに及ぶ大壁画、秋田年中行事 太平山三吉神社祭礼の図は有名。 1943年朝日文化賞受賞。
1955年 フランス国籍を取得、1959年 カトリックに改宗し、洗礼を受ける。名前もレオナール・フジタに改めた。この頃からカトリック的主題の絵画を描くようになる。
1966年 ランスのノートルダム・ド・ラ・ペ・フジタ礼拝堂を自ら建設する。
1968年 入院先のスイスにて没。
日本政府より勲一等瑞宝章を追贈される

     
  「猫と少女」       「二人の裸婦」     「カナリアを持つ少女」
  油彩 SM  銅板画 1930年  エッチング 1929年

Copyright (C) 2007 Gallery Shes LTD. All Rights Reserved.